歯磨きのこだわり

歯医者に行くと
歯科衛生士さんに歯磨き指導をしてもらえるときがありますよね。
私はそのときに歯ブラシの持ち方が間違っていたらしく
それをきっかけに直すことができました。

私は歯ブラシをグーの手みたいな感じにして握っていたのですが
正しくは鉛筆を持つようにして握るらしいです。
グーの手だと力が入りすぎて歯茎を傷つけてしまうらしいですね。
実際、私は奥歯を力を入れて磨きすぎて
歯茎が下がってしまい、歯に痛みが出るくらいになってしまいました。
虫歯かと思って先生に見てもらったのですが
「強く磨きすぎです」と言われましたね。
優しく磨いていたら自然とその歯は治りました。

私はつい、奥歯が磨けていない感覚に囚われて
たくさん磨いてしまうんですよね。
実際、歯ブラシが届かずに、磨けていない部分もあると思いますし。
ですから最近は奥歯用の歯ブラシも使っています。
タフトブラシというやつみたいです。
一房だけ毛がついている、ちょっと面白い形です。
これだったら小さいので口の1番奥にもちゃんと入ります。
仕上げにこれで磨くと安心感もあっていいですよ。
あと私は歯並びも悪いので前歯の引っ込んでいて磨きにくい歯も
このタフトブラシで磨いています。
また、下の前歯の裏が磨けていないとよく言われるので
そこもタフトブラシで磨くようにしています。
するとちゃんと前歯の裏がツルツルする感触があって
ちゃんと磨けた感じがあるので中々良いですよ。

全体用の歯ブラシはディープクリーンのめちゃくちゃ毛が細いやつを使っています。
極細毛束ってやつですね。
あれを一度使ったら普通の歯ブラシには戻れませんね。
歯のすき間や歯と歯茎のすき間がちゃんと磨けるんです。
磨いたあとの爽快感が違いますね。
私は口が小さい方なので超コンパクトという
結構小さいヘッドのタイプを使っています。
それのやわらかめかふつうをいつも買っています。

歯磨き粉は最近は知覚過敏用のものを買っていますね。
歯の裏や奥歯が冷たい水を飲んだ時に痛むことがあって
歯医者さんで診てもらったら知覚過敏だったので。
これもなんとなくディープクリーンのものを使っています。
これを使い始めてからは知覚過敏の症状は出なくなりました。

みなさんは歯磨きへのこだわりってありますか?

歯磨きの重要性

歯磨きは皆さんされていると思います。私も毎日歯磨きをしていました。今は20代なのですが、虫歯もできた事がなかったので小学生の時から歯医者に行ってなかったのです。そんな私ですが、友人が定期的に検診と歯のクリーニングに行っていると聞いて、私も興味本位で何十年ぶりに歯医者に行ってみることにしたのです。
歯医者に行ってみて驚愕でした。歯周病の初期段階だったのです。普段は柔らか目の歯ブラシを使っていたのですが、それだと歯茎の間はうまく磨けてなかったのです。歯科衛生士さんのブラッシング指導で使われた歯ブラシで磨くと一気に歯茎から血が出てきました。かなり歯茎が弱くなっていたのです。ブラッシング指導の後に歯石を取ってもらったのですが、その時にも歯茎からの出血がひどかったです。
その日から歯医者で売っている歯ブラシを買って、ブラッシング指導でならったように今までより入念に歯磨きをするようになりました。初めは、歯茎から出血していましたが、だんだんと出血が減ってきて磨くと痛かった部分もしっかり歯磨きできるようになりました。
2週間ぶりに歯医者に行くと、前回より歯茎からの出血が減って歯石を取ってもらうことができました。それでもまだまだ歯茎の間に歯石がついているらしく、歯間ブラシを使ってみることになりました。歯間ブラシの使い方を教えてもらうと、また歯茎から出血が。ですが、歯石を取ってもらって、今まで歯間ブラシが入らなかった部分にブラシが入るようになっていました。これには少し感動しました。今では歯磨き+歯間ブラシを徹底しています。
虫歯がないから歯医者に行っていない人って私だけでなくたくさんいると思います。ですが、自分に合っていない歯ブラシで磨いていて、間違っている磨き方をしていると歯周病になる恐れがあることを知りました。歯医者に長い間行ってない人は、ぜひ歯医者に行って自分の歯と歯茎の状態を知って、歯ブラシは何が良いのか、歯磨きの仕方は合っているか聞いてみて下さい。本当に歯の状態が変わってきます。

歯磨きするのはいつがベスト?

みなさん子供の頃に、歯磨きは一日3回食事をした後に!と教わってきたと思いますが、その通りに歯磨きをしても虫歯になって歯医者さんにお世話になった人が大多数と思います。実は、虫歯にならないように健康な歯を保つには、歯磨きの一日の回数が重要なのではなく、歯磨きをするタイミングが大事なのです。もちろん、正しいブラッシングの仕方も大事ですが、その前に歯磨きをする時間をきちんと知っておきましょう。一番大事なのは、寝る前に口の中を清潔にすることです。夜ご飯を食べてすぐに歯磨きしたとしても、歯磨きしてから2・3時間後に就寝するのでは、その寝るまでの数時間の間に口の中に雑菌が繁殖してしまいます。この菌によって、虫歯や歯周病が発生してしまうのです。夜の歯磨きは寝る直前に、時間をかけて丁寧に磨きましょう。一日の中の歯磨きで一番丁寧に、フロスや歯間ブラシを使って磨き上げましょう。そして、次に意識すべきは朝起きてからの歯磨きです。寝起きは、口の中がべたついたり、口臭がしたりと、自覚できる症状も多い通り、非常に口の中は汚い状態です。これも繁殖した菌のしわざです。まず、食べ物のカスや汚れを大きく取り除くのに、うがいをします。空気を含ませてクチュクチュと音を立てて水と一緒に汚れを掻き出すようにしましょう。その後に、歯ブラシを使って汚れを掻き出します。朝食前にする場合は、朝食後にも、もう一度歯磨きしましょう。次に昼食後ですが、もちろん食後の歯磨きは行うべきです。お仕事をされている方も、可能ならば、職場に歯ブラシを持参して歯磨きしてください。お昼休憩から仕事への頭の切り替えにもなります。どうしても、昼食後の歯磨きが難しい場合は、せめて、うがいだけでも行ってください。うがいでも食べかすはある程度取り除けますので、丁寧に複数回うがいすることをおすすめします。デンタルリンスも効果的ですので、自分のライフスタイルに合った方法を取り入れてみましょう。

歯磨きが間違っていたのです

“日本人は歯周病と診断される人は大人の半数以上にのぼるそうです。毎日しっかりと歯磨きをしていても歯周病になってしまうので、完全に歯周病を予防するには歯周病の症状をよく知ることが必要になります。

歯周病は、歯の根元の骨である歯槽骨が歯周病菌によって溶けてしまう症状です。昔よく言われた歯槽膿漏も歯周病のことになります。

私が歯医者に行ったときには、歯磨きをするときに出血することが原因でした。特に痛みは無く血が出るのでどこか虫歯があるのか?程度にしか思っていませんでした。

ところが、診察を受けてみると「歯周病」であるとのこと。最初に歯茎の周りが炎症してきて、ここから歯周病菌が侵入していき歯と歯茎の間に溝ができるということです。これが歯周ポケットと言われる部分で、普通の歯ブラシで隙間の中をブラッシングするのは困難です。

歯周ポケットができると奥に菌が入り込んでいくので歯周病の状態が進行していきます。私が歯医者から習ったブラッシングの方法は、

・1日、3回以上のブラッシングが必要となる。起きてから磨き、毎食後磨いて4回が理想である。
・通常の歯ブラシに加えて、小さめの歯ブラシを準備して、届きにくい部分もこまめにブラッシングするようにする。
・歯間ブラシを使って隙間の掃除も忘れずにすること。
・歯ブラシは清潔に保管すること。

このような基本的な歯磨きの方法を教わりましたが、出血がするということは、歯周病菌が奥まで侵入してしまっている状態であること。血を出すことができるならどんどん出すこと。この血に歯周病菌がたっぷりいるので、できるだけ排除した方が良いという事です。

この方法を実践していると、出血が止まるようになりました。歯周病に関しては、早めに進行を食い止めないと歯の根元の歯槽骨が大量に溶けてしまえば、元に戻ることはないとのことです。

歯周ポケットの奥までブラッシングするのは非常に困難なので、歯医者で歯石などと一緒に掃除してもらう必要があります。”

歯周病を予防するために

“日本人は歯周病と診断される人は大人の半数以上にのぼるそうです。毎日しっかりと歯磨きをしていても歯周病になってしまうので、完全に歯周病を予防するには歯周病の症状をよく知ることが必要になります。

歯周病は、歯の根元の骨である歯槽骨が歯周病菌によって溶けてしまう症状です。昔よく言われた歯槽膿漏も歯周病のことになります。

私が歯医者に行ったときには、歯磨きをするときに出血することが原因でした。特に痛みは無く血が出るのでどこか虫歯があるのか?程度にしか思っていませんでした。

ところが、診察を受けてみると「歯周病」であるとのこと。最初に歯茎の周りが炎症してきて、ここから歯周病菌が侵入していき歯と歯茎の間に溝ができるということです。これが歯周ポケットと言われる部分で、普通の歯ブラシで隙間の中をブラッシングするのは困難です。

歯周ポケットができると奥に菌が入り込んでいくので歯周病の状態が進行していきます。私が歯医者から習ったブラッシングの方法は、

・1日、3回以上のブラッシングが必要となる。起きてから磨き、毎食後磨いて4回が理想である。
・通常の歯ブラシに加えて、小さめの歯ブラシを準備して、届きにくい部分もこまめにブラッシングするようにする。
・歯間ブラシを使って隙間の掃除も忘れずにすること。
・歯ブラシは清潔に保管すること。

このような基本的な歯磨きの方法を教わりましたが、出血がするということは、歯周病菌が奥まで侵入してしまっている状態であること。血を出すことができるならどんどん出すこと。この血に歯周病菌がたっぷりいるので、できるだけ排除した方が良いという事です。

この方法を実践していると、出血が止まるようになりました。歯周病に関しては、早めに進行を食い止めないと歯の根元の歯槽骨が大量に溶けてしまえば、元に戻ることはないとのことです。

歯周ポケットの奥までブラッシングするのは非常に困難なので、歯医者で歯石などと一緒に掃除してもらう必要があります。”

歯をしっかりと守る歯磨き三大ポイント

“私達は、毎日食事をし、食べ物を噛み歯を汚しています。
それをそのまま放置しておくと、口の中で菌が繁殖し食べかすを餌に増殖を始め、その際に出す酸によって虫歯が発生します。
虫歯を防ぐためには汚れた歯を綺麗にする必要があるのですが、この掃除をするのが歯磨きです。
歯磨きには幾つかポイントがあって、そのポイントを守るとさらに効果的に虫歯を防ぐことが出来ます。

まず、第一のポイントとして『歯を磨くのは、食べ終わって30分後』という物です。
意外なことかもしれませんが、食べ終わってすぐ歯を磨くことは歯に非常に悪い行為なのです。
私達はあまり気にしてないかもしれませんが、酸性の食材を結構食べていることが多く、食事をすると口の中が酸性に傾きます。
酸性は歯のエナメル質にダメージを与え、食べ終わった直後はエナメル質が柔らかくなっています。
ここで歯を磨くとエナメル質を削ってしまう恐れがあり、逆に虫歯のリスクを高めているのです。
唾液の力によって酸は中和されエナメル質も硬度を取り戻しますが、その時間が約30分というわけです。

第二のポイントとして『歯磨きは一日一回寝る前にしっかりと』です。
これには諸説あって、一日3回とか5回が良いという話もあるのですが、こまめに5回磨くなら寝る前に一回しっかりと時間をかけて磨く方が虫歯を減らす効果は高いのです。
短時間で何度も磨いても磨き残しが発生し、結局は意味がありません。
現実的に考えれば、夜寝る前にしっかりと磨き、朝起きたら軽く2分くらいささっと磨くのが口臭対策にもなり良いでしょう。

第三のポイントは『出来るなら電動歯ブラシを利用するのが良い』ということです。
歯磨きというのは、実はかなりクセが出やすい行為で、力の入れ具合や動かし方というのは人によって変わります。
自分では上手に磨いているつもりでも、実はクセによって特定の場所だけ磨き残していたりということが多々あります。
電動歯ブラシであれば、歯ブラシの位置だけを気にすれば良く、磨く行為に意識を奪われることなく磨き残しをすることなく歯全体を磨くことが出来るのです。

歯は永久歯になれば一生物で、8020運動なんていうのもあるぐらい老後にも影響してきます。
若い頃からしっかりとケアを続けて、健康は歯を維持し続けたいものです。”

私の歯磨きの仕方

“歯磨きをするときに気をつけていることがあります。
10年ほどたばこを吸っていて、普段からコーヒーが好きでよく飲んでいることもあり色素が強めのものを良く口にする機会が多いうえに、その度に歯磨きするわけにもいかないので、歯が黄色っぽくなってきているんので、できるだけ歯を白くしたいと歯磨きの仕方に気をつけていることがまず1つ目です。
歯を白くする歯磨き粉を使うと、だいたいは研磨剤が入っていて歯へのダメージが大きいことと、研磨剤入りの歯磨き粉を使っても期待したくらいの効果がみられないことで、ちょっとは試した時期がありましたがすぐに使わなくなりました。
ホワイトニングの歯磨きを使うよりも、普段の歯磨きの仕方に気をつけています。あまりにも力を入れると今度は歯ぐきを痛めてしまうと知ったので、なるべく歯ブラシの力だけで磨くようにしています。手で力を入れてゴシゴシ磨き上げるのではなく、シュッシュッといった感じで歯を撫でるように歯間のゴミを掻き出すことを心がけてブラッシングしています。
そのときに、まずは歯ブラシだけで歯のザラザラを落とす目的でブラッシングして、全ての歯を一通りまわったら歯磨き粉を少しだけつけてまた歯を一周します。歯だけでなく、口臭予防に効果があるとのことなので舌もブラッシングします。
ここまでやるのは夜寝る前の歯磨きのときだけで、朝と昼は歯の表面のザラザラが無くなれば良しとしています。夜のようにやると、10分~15分かかってしまうので、忙しい朝と昼は手短にします。
歯ブラシはコンパクトなタイプのかためを選んでいます。1ヶ月もたないで歯ブラシのコシが無くなってブラッシング効果が薄れてくるので、安い歯ブラシを数週間で交換して使っています。歯ブラシに特にこだわりは無いので、スーパーに食料品を買いにいったときについでに歯ブラシコーナーを見て、そのとき安くて一定の品質がありそうなものを買っています。
歯磨きはマメにすることが効果的だと思うので、普段からさぼらずにブラッシングしていこうと思っています。”

今まで歯を磨いてきた経験から

“歯磨きの時に力を入れて磨いていませんか?
自分も幼い時には、すごい力を入れて磨いていました。
そのため、ハブラシはすぐに開いた状態になってしまいました。
実は歯磨きは、そんなに力を入れる必要はありません。
歯を磨く時、歯磨き粉を使うと思いますが、歯磨き粉には歯を研磨するものが、含まれているそうです。
だから、あまり力を入れて磨いたり、長時間磨き続けるのは、歯には良くないと聞いたことがあります。
なので、歯磨きは力を入れずに、磨くだけで良いのです。
よく、歯を磨いていないと、歯がザラザラした感じになる時があります。
非常に不快なので、歯を磨いた後に、スッキリするととても気持ちが良いと思いますが、歯磨き粉をつけ、ハブラシを軽く当てて、スッスッと縦に撫でて、磨く程度で充分にザラザラ感を取ることはできます。
歯にものが挟まった時、爪楊枝などで、挟まったものを取ると思いますが、爪楊枝などで、グリグリと押し込んだり、横に動かす人はいないですよね。
それと同じで、ハブラシは歯の隙間に合わせ、縦に動かすことで、隙間に挟まった食べカスなどが取れます。
前歯の裏側なども、縦にこすってあげるだけで、すごくスッキリします。
心がけたいのは、全ての歯を指で触る感覚でハブラシを動かすことだと思います。
全ての歯をまんべんなくハブラシで磨くことができたかどうかが、歯磨きの基本なのだと思います。
一度だけでも、歯磨き粉を指につけ、自分の歯を指で磨くことをオススメします。
そうすることで、自分の歯がどんな風になっているのか。指が当たった時に、当たる箇所はどのへんなのか。知ることができると思います。
特に磨きにくい奥歯の後ろなどは、そうした意識を持たないと、忘れがちな部分であると思います。
自分は奥歯を二本も虫歯で割ってしまいました。
奥歯は唯一、横と上と後ろがある歯だと思います。
奥歯の後ろを感じられたら、歯磨き感覚が大分高くなったのではないかと思います。
歯は神経がないようであるので、ちゃんと意識すれば、どこが磨かれているのか感じられるはずです。
しっかり歯磨きをするということは、しっかり歯の一本、一本を意識してかんじることだと思います。

フッ素ジェルと電動歯ブラシ

“私は以前、普通に歯ブラシで歯を磨いていました。しかし無精なので、手でシャコシャコ磨く歯磨きはいつしか面倒になり、一日一回磨くかどうかになってしまっていました。当然そうなると虫歯になって歯医者のお世話になります。私の場合、歯が丈夫な方だったのか、それでも虫歯では医者に行くのは、本当にたまーにで済んでいたのですが、虫歯より厄介だったのが知覚過敏でした。

知覚過敏とは簡単に言うと歯茎が痩せていって歯の根元が露出し、冷たい物や刺激物で歯がキーンとしみるというアレです。私はこの知覚過敏で数ヶ月に一回地元の歯医者に通っていました。

そこでなんとかならないかと色々ネットで調べたのですが、そこでどうやら私が歯医者で施されていることは、フッ素を塗布されているらしいと知りました。フッ素は知覚過敏から歯を守ってくれる効果があるらしいんです。

そこでダメ元でネット通販でフッ素ジェルを購入して使ってみたところ、びっくりするくらい知覚過敏に効きました。冷たい物を飲んでも全くしみなくなったんです。

以前は冷たい物を飲む度にびくびくしながら飲んでいたのですが、これがなくなったのは精神的に随分楽になりました。そして勿論定期的に歯医者に行かなくて良くなったことも有り難いことです。

しかし歯を今まで通りろくに磨かないでフッ素ジェルを使っていたのでは意味が無いとも思ったので、歯磨きのことも考え直し、今までの普通に手でシャコシャコするスタイルから電動歯ブラシに変えてみました。

電動歯ブラシは手でシャコシャコ磨くのと違って、歯ブラシを磨きたい歯に軽く当てて、数秒たったら次の歯へ、また次の歯へと移動していくだけなので、無精な私でも物凄く楽に磨くことが出来、毎日の歯磨きがとても楽になりました。しかもそうやって一個一個磨いていくので磨き残しもなくなり、虫歯にも以前よりグンとなりづらくなりました。

以前は虫歯と知覚過敏で、歯医者には本当にちょくちょく通っていて、物凄く面倒に思っていたのですが、フッ素ジェルと電動歯ブラシを使うようになって、全く歯医者に行くことがなくなりました。”

なぜ歯磨きが必要なのか?

小さい頃、道路工事の絵が描かれた虫歯に注意を促すポスターを良く見せられたものです。
虫歯になると、後が痛いよ、という警告なのですが、今ならもっとどうして口の中を清潔に
しなければならないか、歯磨きをした方が良いのか、テレビの影響持って、多くの人が、
情報を持ち、説明ができると思います。
昔は、単に、困るぞ、と言う認識だけだったのです。
虫歯になると、痛いです。これはみんな避けたいです。
虫歯の痛みは、お腹の痛みとはまた異なる、頭に近いせいか、いらいらします。
そこで、3度の食事の後に、ちゃんと歯磨きすることは理想です。
公衆衛生と言いますが、最近特に言われるのが、内臓への影響です。
何せ、口の中は最近の宝庫と化しますから、これを汚しておくと、良くない物が
一緒に、内臓へと送られてしまいます。
そうかといって、私も、チョコレート一つ食べて、歯磨きして、飴なめたら又歯磨き、なんて
事はしません。少なくても、3度の食事の後は必ず歯磨きをします。
朝も、昼もいそがしいので、本当に歯磨き、しかできません。ブラシの種類も色々なので、
ある程度隅まで届くものが良いと思っています。
歯間ブラシとフロス(糸ようじ)が使えればベストですが、それができるのは、夜なのです。
歯垢はたまると取りにくいので、こまめに毎日取り除くようにします。
歯科衛生士さんに、せめて3日ですね、といわれました。
長く掃除せず放っておいてよいことはありません。
歯ブラシをどのように扱うかは、子供の時と今とは言われることは異なるのですが、
歯の表面をたわしのように、ガリガリゴシゴシ大きく揺らすはよくないようです。
壁ではなく、歯であることを意識して、細かく歯ブラシを動かし、細部まで気を抜かない、
これは鉄則のようですが、みがき過ぎも注意されました。
私も徹底的にする方ですが、なんでも、効果的な度合いがあるようです。
最近、うがいで、清潔に、というのもありますが、私はやっぱり、実感できる歯磨きが
好きです。歯ブラシは開き切ったものは歯茎を痛めるので、早めに取り替えます。

歯磨き粉もかなり重要な位置なのですが、普通の人はあまり気にしません。
なぜなら薬局やホームセンターで売られている様な歯磨き粉しか使わないからです。
実は歯磨き粉はかなり重要なポジションでこの成分によってかなり歯茎や歯に与える影響が変わってきます。
そんな重要な歯磨き粉ですが、おすすめな商品があります。
それがマイケアのなたまめ歯みがきという商品です。
この商品は歯磨き粉なのに何故か刀豆を使用しているちょっと変わった商品なのです。
まずはこのサイトをご覧になって下さい
マイケアのなたまめ歯みがきで厄介な口臭とオサラバしませんか?
このサイトは実際にマイケアのなたまめ歯みがきを使ってレビューしている他
商品についてもかなり詳しく書いてあるので面白いですよ^^b